杜生

@该隐

observe stars on the Earth.

Enla,somero.

El Dorado:

みんなに謝ります。

我向大家道歉。



僕は、この京明館高校を改革するために
校長として赴任してきました。

我是为了改革京明馆高中,

才到这里来担任校长的。



でも。

但是。



その改革プランにみんなは入っていません。

我却没有让大家参与到这场改革中。



卒業が近い3年生だから

仕方がなかった。

因为你们是临近毕业的高三学生,

实在没有办法。



君たちの心を傷つけたのならば
僕の失敗です。

如果因此伤到了你们的心,

这是我的失败。



ホントにごめんなさい。

真的非常抱歉。

ただ敢えて言わせてもらいます。

但即便如...

{ 2017-11-05 /2 }

见教授的终曲去参加了东京国际电影节,不多不少随着末代皇帝的周年纪念到来,是稍微怀念了Lawrence这首一下三十多年前诞生的曲子。

“钢琴似乎都是属于少年的。只有心的老去,才会明白大提琴那种纠缠的停顿的质感。”以前见安妮宝贝这句话深觉此然,醒来之间一般都思虑过多,今夜未眠,倒是在醒神中再听这首悟了新想法:音乐哪分年龄界限,心还在的永远不会老去。

像教授在雨天拉着小提琴,你仍不会认为这位国际间游走的音乐家半分白发,而当他弹起Lawrence,即使音色清亮,随着节奏与音拍的强度变化表现,一句耄耋光烁就在沉默间失去了声音。

你在思念着谁?

音乐真是堆积在时间基石上庞大的塑造品。

 

近日算是收到了关于自己接二连三的好消息。

以往过于纠结在要如何去表现自己多喜欢他们,曾经也马不停蹄,不舍放弃。现在即使选择有所不同了,但因为抱着喜欢这样的人,就诞生了更要活好自己的当下的想法。

在沉默的风暴中,出乎意料地给我送来了好消息。这就是喜欢着我爱豆所能拥有的力量吧。

我很开心,想要在现实里继续努力下去。
我应该继续努力下去。

{ 2017-09-08 /1 }
 

发现我大概永远不知道该对他说什么好。
生日快乐呀。

{ 2017-08-30 /1 }
 

「日々是好日、日々是気付」

 

2011/3/20 オトノハ 


今回の地震で被害に遭われた方々。 

心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。

僕です。
櫻井翔です。

あの地震から数日が経ちました。

僕の。
今日までの、経緯を書き記そうと思います。

あの時。

僕は、川崎にて撮影をしておりました。

川崎も揺れてました。

撮影は一時中断。

楽屋に戻り、テレビに流れる映像に絶句していました。

その最中も、揺れていました。 

なんとか撮影も終え、撮影所を発つこと17時。

家には無事に到着致しました。

それが金曜日。

メンバーに無事を確認する連絡をして、ずっと報道を見てました。

ずっと。
ずっと報道を見てました。
ずっと。
ずっと報道...

 

Calm dowm.

lof第一次屏蔽我竟然是因为一首诗翻译……需要这样吗。

 

在喜欢现在的他们之前,喜欢了许久的brolin。

那段五年的旅途,足够撑得起那段肝胆俱裂的时间。看过一千年后,也为karma泪流。在他们还是少年之时,相隔苏格兰与北爱尔兰,同国却难同处。

一个在mtv台下,为与剧集中颠倒的人喝彩泪盈。不能还是一点痕迹都没有,喜欢的都是时间的证据。为此看过island和parked,为了抓住那点恒在几乎找遍了无字资源,听一整节小黑屋的对答。

不过是期冀那份情谊恒存,哪怕买了邮票查明地址也不敢给bradely送去的那封信。把时间交还他们自己。

那个时候会为了一句I trusted you彻夜难眠,也会为了一句I was born to serve you而痛恨命运。咬文嚼...

{ 2017-04-26 /1 }
 
1 2 3 4 5 6

© 杜生 | Powered by LOFTER